上嶋内科・消化器科クリニック News

tel_sp.png

2015.03.30更新

胃がんや胃潰瘍などの原因となるピロリ菌が胃の中にいるかどうかを調べて薬で除菌することが可能です。

それによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発がかなり少なくなりますし、胃がんの発生率も3分の1に抑えられます。
薬によるピロリ菌の除菌は3種類の薬を1週間飲まなければなりません。

今までは除菌成功率は80%弱と言われていましたが、最近新しい薬が発売され、それを用いると90%以上の人が除菌に成功します。ピロリ菌を除菌すると胃の不快感やもたれ感、胃の膨満感などの症状も改善す
る場合があります。

お気軽に上嶋内科・消化器科クリニックでご相談ください。

 

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

side_inq.png