上嶋内科・消化器科クリニック News

tel_sp.png

2017.08.29更新

生活スタイルや食生活の欧米化のためか大腸癌が増えています。当院で大腸検査を受けていただく患者さんの中にも残念ながら大腸癌が見つかる方が増えています。早期発見すれば根治する可能性が高くなりますので、ご心配な時は思い切って検査を受けられることをお勧めします。

大腸内視鏡の前には腸の中を洗い流して空っぽにするための検査専用の下剤を服用していただく必要があります。その下剤を飲み始めてから腸が空っぽになるまでに3時間くらいかかります。当院では特に便秘の強い方以外は前日までの食事は通常通り食べていただいています。当日朝食のみ食べずにお越しいただき、下剤を専用の個室で内服していただきます。3時間くらいで腸が空っぽになれば検査開始となります。検査中に切除すべきと思われるポリープや早期がんが見つかれば可能な限りその場で切除します。検査・切除が終了すれば診察室で結果説明を行いご帰宅いただきます。検査開始からご帰宅までは1時間から1時間15分くらいです。例えば10時ごろにご来院いただく場合は13時から検査開始、14時過ぎにご帰宅、となります。検査は予約制となっています。

このように大腸検査はやや時間のかかる検査ではありますが、一度頑張ってお時間を作っていただき検査をお受けいただくことで大腸癌の予防や早期発見ができるわけです。健診で便潜血陽性となった方や排便時に出血のある方、お腹が張ってきて便が出にくくなった方など心配な症状があれば是非大腸内視鏡検査をお受けください。

当院は大阪市西区にあり心斎橋からも徒歩5分くらいの便利なところにあります。眠るような軽い麻酔のような薬を使って苦痛のない大腸内視鏡検査が可能です。お気軽にご相談・ご予約ください。

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

side_inq.png