上嶋内科・消化器科クリニック News

tel_sp.png

2018.03.16更新

健診で便潜血検査の結果が陽性で受診される方が多いですが、便潜血陽性だからといって大腸癌があるわけではありません。ほとんどの方は内視鏡検査しても大腸癌は見つかりません。しかし大腸癌のもとになる大腸ポリープは高い頻度で見つかります。大腸癌になりやすいと思われるポリープを良性のうちに切除することで、将来の大腸癌を予防できます。当院では鎮静薬を積極的に用いて苦痛の非常に少ない大腸内視鏡検査を行っています。大腸癌のもとになる大腸ポリープが見つかった場合、その場で切除してしまうことができます。健診で便潜血陽性を指摘された方、おなかの症状が気になる方はお気軽に受診していただきたいと思います。

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

side_inq.png