上嶋内科・消化器科クリニック News

tel_sp.png

2016.04.19更新

大腸癌は良性のポリープから徐々に悪性化して癌になることも多く、ポリープの時点で内視鏡的に切除すれば予防できます。胃癌はピロリ菌が原因ともいわれており、ピロリ菌を除菌すれば予防可能です。健診で胃や大腸の異常を指摘された方、便潜血陽性となった方、大腸癌検査を受けたい方、バリウムを飲む検査(胃透視)で異常を指摘された方は、大阪市西区、心斎橋や四ツ橋からすぐのところにある上嶋内科消化器科クリニックにお気軽にご相談ください。

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

2016.04.12更新

風邪はウイルス性の病気、一方でウイルス性ではない風邪に似た病気もあり、それを見分けることが医師の務めだと思っています。ウイルス性の病気には抗生物質は無効、風邪に似た細菌性の病気には抗生物質が有効、それの見分け方について医師仲間で勉強会を行っています。感染症の治療はもっともむつかしいことの一つです。これからも定期的に感染症勉強会を開催して医師同士お互いのレベルアップを図ります。

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

2016.04.07更新

大きな総合病院でなくても、ほとんど同じような本格的な消化器疾患治療を気軽にクリニックで受けることができるように、これがクリニックを開院したときの思いです。もちろん設備には限界がありますのでできない検査や処置もありますが、専門的な本格的な治療を気軽に受けていただける機会を作るように日々努力しています。胃、大腸、肝臓、膵臓、胆のう、食道などあらゆる消化器疾患(消化器病)に関して大阪市西区の上嶋内科消化器科クリニックにお気軽にご相談ください。

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

side_inq.png