上嶋内科・消化器科クリニック News

tel_sp.png

2015.05.14更新

 

当クリニックではオリンパス社製の鼻から挿入できる細い胃カメラと、通常の胃カメラの両方を設置しています。また大腸検査用の大腸内視鏡も常備しています。


【内視鏡】
内視鏡の紹介


こんな症状はありませんか?
・胃のあたりが痛い、胃のあたりに不快感、むかつきを感じる
・胸が焼けるような感じがする、すっぱいものが上がってくる、飲み込んだときひっかかる感じがする、のどにいつも違和感がある
・特に体を横にすると咳が出る、耳鳴りがする
・ピロリ菌がいるかもしれないと言われた
・最近食欲が減った
・黒い便が出る
このような症状の方は一度胃カメラで食道・胃・十二指腸を検査することをお勧めいたします。


こんな症状はありませんか?
・よく下痢をする、よくお腹が痛くなる
・便秘と下痢を繰り返す
・便に赤い血が混じる、お腹が痛くなって血が出る
・便の検査で血液が混じっていると言われた
・以前大腸のポリープを指摘されたことがある
このような症状の方は一度大腸カメラで直腸・結腸を検査することをお勧めいたします。


当院では苦痛を和らげるために軽い麻酔薬を使って眠っていただきながら検査を受けていただくことができます。もちろんそのような薬を何も使わずに検査することも可能です。鼻からの細い胃カメラの場合は通常は鼻の麻酔だけで眠らずに検査を受けることが可能です。


胃カメラは朝食を食べずに来ていただきましたらいつでも検査可能です(予約も可能ですが、一度診察してからになります)。
大腸カメラは、検査専用の下剤を飲んでいただき大腸内の便をきれいに洗い流してから検査をする方が病気を発見しやすく安全に検査ができますので、原則として予約制になりますが、緊急の場合はお越しいただいた当日に検査を行うことも可能です。
小さなポリープや早期癌は当クリニックにてその場で切除することが可能です。

投稿者: 上嶋内科・消化器科クリニック(心斎橋・四ツ橋)

side_inq.png