院長紹介・インタビュー

tel_sp.png

上嶋院長へのインタビュー

Q

開業にあたってのクリニックのコンセプトを教えてください。

個人経営のクリニックといいますと、多くの同僚や先輩、または若い医師に日常的に交流する環境とは異なり、新しい研究成果やエビデンス(こんなよい治療方法がある、と判断できる証拠)を触れることが難しいという問題があります。そのためクリニックによってレベルの差が激しいのは否めません。
しかし、私が開業にあたって強く意識したのは、「紹介状を貰い、予約して、大学病院や総合病院に行って長い順番を待って、大変な思いをして診察を受けたりしなくても、もっと気軽に高いレベルの医療が受けられる場所もあるんだ」ということを証明したかったということです。

内科・消化器科というものは、老若男女、誰でも日々のメンテナンスが必要な領域です。ですからできるだけ、気軽な方がいい。
個人医院の何よりのメリットはまさにその部分にあり、気軽に通院できること、そしてドクターがすぐに対処できるということです。そうしたなかで「間違いのない治療を提供したい」というのが当院のコンセプトといえるのではないでしょうか。

Q

患者さまと接するうえで大事にしている思いなどはありますか?

やはり患者さまの多くは、受診するにあたってしんどい思いをされている方がほとんどです。なかには病気そのものによる苦痛だけでなく、病気に起因する差別を受けることもあり、心身ともにつらい思いをされてきた方もいらっしゃいます。
医師となって年月を重ねるにつれ、そんな患者さまの思いを理解して接することが大切だと深く感じるようになりました。
そのうえで、医師として的確に判断し、状況をわかりやすく説明していくことが大事ですね。

個人開業するにあたり、何よりも幸せに感じたのは以前の勤務先、それより前の勤務先だったところから「上嶋先生に診てほしいから」とついてきてくださった患者さまがいたことです。その思いに応えて、よい医療を提供するのが私の使命だと感じています。

Q

医師を目指したきっかけなどはございますか?

もともと父はサラリーマンで、医療とは無関係の家で育ちました。
きっかけを問われるとちょっと恥ずかしいのですが、父が仕事で海外駐在していたことがあって、スリランカに2年ほど住んでいたことがあります。
そこで見たのが、道ばたで人が亡くなっていたり、体の一部分が異常に腫れ上がったような人が苦労して歩いている光景でした。子ども心に非常に大きなショックを受けました。
そんな人々を治してあげたい、何とかしてあげたいと思ったのが、今になって思えば、医師を目指した最初だったのかなと思います。

Q

ホームページをご覧になった患者さまへのメッセージをお願いします。

受診する患者さまにしてみれば、「自分はどんな病気なんだろう?」「一体どんなことをされるんだろう?」という恐怖心がいっぱいあると思います。
治療だけでなく、そんな不安を取り除くことも医師の務めだと考えています。よくインフォームドコンセントといいますが、ただ「たくさんしゃべって、治療法が複数あるから選んでもらう」というのは違うんじゃないかと思います。

ドクターが何のために長年、それぞれの専門領域に取り組んでいるのか。
「あなたの状況はこのようになっています。治療法はこれとこれがありますが、私としてはこの方法がベストと考えます」というところまでを説明できるだけの経験と実績があって初めて、患者さまは医師を信じてくれるのだと思います。

その意味では、内科・消化器科のドクターは、患者さまの毎日の生活や命そのものに関わることも多く、まさに責任重大です。自分のなかで、一つひとつの手技に不安を生じさせないために、準備は丹念かつ慎重におこなうことを常に課しています。

上嶋内科・消化器科クリニック 院長
上嶋弾

院長紹介

略歴

平成10年 京都大学医学部卒業
京都大学医学部附属病院内科、北野病院内科、三菱京都病院消化器内科で研修を積み
平成18年 北野病院 消化器内科 副部長
平成19年 虎の門病院 肝臓センター
平成20年 北野病院 消化器内科 副部長
平成20年 阪和住吉総合病院 消化器センター 部長
平成25年 University of Texas, Southwestern medical center observership
平成26年 阪和住吉総合病院 消化器センター 部長
平成27年 上嶋内科消化器科クリニック開設

所属学会・資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
  • 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医
  • 日本門脈圧亢進症学会会員

専門分野

消化器内科全般、慢性肝炎の病態と治療、肝硬変の合併症治療、肝癌治療

主な学会活動

  • 第8回日本肝臓学会大会(一般演題)
    B型肝硬変に対するラミブジン治療に関する検討
  • 第40回日本肝臓学会総会(一般演題)
    肝炎症性偽腫瘍の2例
  • 第47回日本消化器病学会大会(ワークショップ)
    内視鏡的食道静脈瘤治療は肝癌患者の予後を改善するか
  • 第41回日本肝臓学会総会(一般演題)
    当院におけるB型急性肝炎の実態
  • 第41回日本肝癌研究会(一般演題)
    ラジオ波焼灼療法 -RFA後6日目に肝被膜下出血、肝破裂を来した1例-
    A case of subcapsular hemorrhage and liver rupture 6days after RFA
  • 第12回日本門脈圧亢進症学会総会(ワークショップ)
    スリット付き透明フードを用いた食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法
  • 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(ワークショップ)
    消化管静脈瘤の内視鏡治療
  • 第82回日本消化器病学会近畿支部例会(シンポジウム)
    消化器領域の感染症の実態 -HBV関連肝硬変に対するLamivudine投与例の検討-
  • 第48回日本消化器病学会大会(パネルディスカッション)
    内視鏡的静脈瘤治療を必要とする肝硬変例の栄養に関する検討:BCAA製剤によるlate evening snackの有用性
  • 第75回日本消化器内視鏡学会総会(ビデオワークショップ)
    食道胃静脈瘤の内視鏡治療の実際
  • 第10回日本肝臓学会大会(一般演題)
    内視鏡的食道静脈瘤治療は門脈腫瘍栓のある肝癌患者の予後を改善するか
  • 第13回日本門脈圧亢進症学会総会(シンポジウム)
    当科におけるバルーン閉塞下逆行性経静脈的静脈瘤塞栓術B-RTOの現状と問題点
  • 第15回近畿食道胃静脈瘤研究会(シンポジウム)
    肝癌合併食道胃静脈瘤の治療 -内視鏡的静脈瘤治療は門脈腫瘍栓のある肝癌患者の予後を改善するか-
  • 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(パネルディスカッション)
    肝疾患における消化管出血
  • 第47回日本消化器病学会大会(ワークショップ)
    内視鏡的静脈瘤治療は肝癌患者の予後を改善するか
  • 第12回肝血流動態イメージ研究会(一般演題)
    肝膿瘍を合併した門脈血栓症の一例
  • 第76回日本消化器内視鏡学会総会(ワークショップ)
    スリット付き透明フードを用いた食道噴門部静脈瘤の治療成績
  • 第75回日本消化器内視鏡学会総会(シンポジウム)
    内視鏡的静脈瘤治療における工夫 -硬化療法と肝硬変症例の栄養改善に関する検討-
  • 第11回日本肝臓学会総会(一般演題)
    人工胸水下RFA治療後に胸膜転移を来した肝細胞癌の一剖検例
  • 第14回日本門脈圧亢進症学会総会(シンポジウム)
    内視鏡的静脈瘤治療は肝癌患者の予後を改善するか
  • 第12回日本肝臓学会大会(一般演題)
    肝癌根治術後の核酸アナログ投与による再発抑制効果
  • 第89回日本消化器病学会近畿支部例会(シンポジウム)
    スリット付き透明フードを用いた食道静脈瘤治療
  • 第13回日本肝臓学会総会(一般演題)
    35歳以上のHBe抗原陰性B型慢性肝炎患者に対するIFNの有用性
  • 第95回日本消化器病学会総会(一般演題)
    部分脾動脈塞栓術を併用した内視鏡的静脈瘤硬化療法
  • 第79回日本消化器内視鏡学会総会(シンポジウム)
    スリット付き透明フードを用いた食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法と背景肝
  • 第79回日本消化器内視鏡学会総会(一般演題)
    クリティカルパスによる内視鏡的胃瘻造設と病病連携
  • 第79回日本消化器内視鏡学会総会(附置研シンポジウム)
    内視鏡的静脈瘤治療を必要とする肝硬変症例の栄養に関する検討
  • 第84回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(パネルディスカッション)
    クリティカルパスによる内視鏡的胃瘻造設と病病連携
  • 第96回日本消化器病学会総会(一般演題)
    若年成人女性に発症した膵管胆管合流異常の2例
  • 第97回日本消化器病学会近畿支部例会(ワークショップ)
    2型糖尿病患者における大腸ポリープ発生の検討
  • 第54回日本消化器病学会大会JDDW(ワークショップ:アレルギー性消化器疾患の実態)
    市中病院での好酸球性胃腸症におけるカプセル内視鏡を用いた全消化管の検討
  • 第54回日本消化器病学会大会JDDW
    当院における内視鏡的胃瘻造設の適応と造設後の管理
  • 第84回日本消化器内視鏡学会総会JDDW
    高齢者に対する総胆管結石治療におけるESTの安全性とERBDチューブステントの有用性
  • 第50回日本消化器がん検診学会大会JDDW
    一般市中病院における胆膵悪性腫瘍に対する集学的治療の現状と問題点
  • 第83回日本消化器内視鏡学会総会(シンポジウム:地域医療における内視鏡の役割)
    地域医療における小腸内視鏡の役割
  • 第83回日本消化器内視鏡学会総会
    当院における胃食道静脈瘤治療の現状と難治性静脈瘤に対するPSE併用EIS
  • 第83回日本消化器内視鏡学会総会
    当院における内視鏡的胃瘻造設術の適応と問題点
  • 第98回日本消化器病学会総会
    当院での内視鏡的粘膜切開剥離術に対する教育システムの現況
  • 第19回日本門脈圧亢進症学会総会(シンポジウム:肝癌治療と門脈圧亢進症)
    内視鏡的食道静脈瘤治療は肝癌患者の予後を改善するか
  • 第19回日本門脈圧亢進症学会総会(一般演題:食道静脈瘤)座長 上嶋 弾
  • 第20回日本門脈圧亢進症学会総会(パネルディスカッション2:HCC合併門脈圧亢進症の治療)
    内視鏡的食道静脈瘤治療による肝癌患者の予後改善効果
side_inq.png